引っ越し時の手続きですが、うっとうしいことば

引っ越し時の手続きですが、うっとうしいことばっかりだなと認識していたら、水道開栓の手続きは、電話でもできるのだそうです。大それたことではないかもしれませんが、なぜだか、非常に嬉しいです。
嬉しいついでに、いつ電話すればいいのか調べてみると、3?4日前までにと、書いてあるのを見ました。

 

 

 

速やかに、電話してみます。

 

引越しをする場合、電話の契約変更も必要となります。ですが、固定電話ではなく、携帯電話だけの人は、携帯ショップにて住所変更を行うか、ネット上で手続きするかだけで、すぐに終わらせることができます。

 

最近の人の傾向としては、固定電話を契約しないケースがほとんどです。

 

 

 

引っ越しが済んだら、何かと手続する事があります。

 

市町村役場でなさるべき事は、住民票・健康保険・印鑑登録etcです。ワンちゃんがいるのなら、登録変更の必要がございます。

 

 

 

更に、原動機付自転車の登録変更につきましても市町村で行うこととなります。全てを一気に行うと、何度もいらっしゃらずに済みます。
まとめて引越しの見積もりを利用するのは初めてでした。多数に問い合わせする手間がかからなくて、大変楽でした。

 

 

 

利用した後、何社かの引越し業者から、伺って見積もりしたいと電話がはいりました。

 

 

 

ブッキングを避けるように調整するのが難しかった。

 

 

 

引越し業者に依頼する場合、衣類掛けにかかっているコートなどの衣服を前もって外して畳んだりしておくことは必須ではありません。

 

 

業者がハンガーがかけられるビッグな段ボールを持ってきてくださって、それに投入したまま、トラックで運送してくれます。

 

折り目もつかないので、いいですよね。過去に、引越しを経験しました。

 

業者に依頼しましたが、それでも想像どおり大変でした。
大変だったことを挙げると、引越しに関わる手続きです。

 

 

 

市町村を移動すれば、印鑑証明のために印鑑登録もしておかなければなりませんでした。ほとんど必要になることはないのですが、一応登録しておきました。

 

 

 

引越しする際にエアコンの取り外しが全然わかりませんでした。
友人に尋ねると、自分で取り外すのなんて全体的に無理だと言われたのです。だから、エアコン取り付け業者へ頼んで、引越し先まで持っていけるように、取り外しをお願いしたのです。
いとも簡単にしていて、本当に脱帽する重いでした。

 

 

 

引越しの時にする手続きの一つに、転出届の申請があります。
ただ、その申請が必要なのは現住所と新住所が違う市長村である場合です。

 

 

 

同じ場合は、転居届になります。申請を行うタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定次第すぐなど、市町村それぞれ違う場合もありますので、早めに確認をするのが確実です。