愚かなことをしてしまいました。一人暮ら

愚かなことをしてしまいました。
一人暮らしを始めるのに、誰も呼ばずに一人だけで引っ越しをしたのです。

 

きっと大丈夫だと予想していたのです。
それなのに、結果的には大事な家具に酷い傷をつけてしまったのです。廊下の角を曲がる時、ぶつけて傷ができてしまいました。

 

 

 

たいへん後悔しています。姉が今住んでいるアパートから育った家の我が家に住まいを移すことになりました。作業のため、私と母が、荷物を運ぶ前の日に荷物を整理する手伝いに行きました。
10年住んでいた部屋らしく、不用品の数が計り知れない事になっていました。

 

不用品を買ってもらってしまうと、軽トラの荷台50%ほどになり、想像より楽に引越が終わりました。

 

引越しをする時の簡単なコツとは、新居での間取りを考えて、荷造りしていくというものです。ダンボールなどに荷物を入れていく時に、その荷物をどの部屋へ置くのかを決めて、段ボールの表面にでも書いておくと新居に到着してから余分な労力を省くことができます。

 

 

他に、手続きに必要な物事は計画を立てて行うと良いです。
ヤマトの単身引っ越しパックが好都合だと友達が話していました。

 

 

本当なら、見積もりでは他にもっと安くできる業者があったにもかかわらず、丁寧な上に感じも良かったので、ヤマトにしたと言っていました。

 

 

見積もりだけでなく引っ越し当日もスピーディーで丁寧な作業だったとすごく褒めたたえていました。

 

家を引っ越すこと自体はワクワクするしけっこう好きなんですが、国民健康保険などの住所変更などのわざわざ市役所まで行っていろんな決まった手続きを行う必要があるというのが、面倒だし時間もかかるなあと感じてしまいます。
こんないろんな手続きも、ネット上でいつでも手軽に家で済ませられるようになれば手間的にも時間的にも良いのになあと思っています。
以前からの夢だった一戸建ての家を購入しました。

 

引っ越しの以前に、それぞれの部屋にクーラーを設置しなければなりません。

 

 

 

クーラーの数は四つ、なかなかの散財です。しかし、大手の家電量販店で一度に四つ購入するからとお願いすると、結構な割引をしていただきました。

 

予定していた支出よりも、はるかに安くすみました。

 

転居をして、移動となった時には国民年金の住所変更届を提出する必定があります。
本人が加入人である「国民年金第1号被保険者」の案件は新転地の窓口に、被保険者住所変更届を提出します。「国民年金第3号被保険者」の事例では、配偶者が就労する事業主に被保険者住所変更届を提出しなければいけません。
居住地を変えると、電話番号が現状のものとは変わることがないとは言えません。

 

同じ市区町村内の引越しの場合でも、収容局が異なるところになると、本来の電話番号が使う事ができなくなるでしょう。

 

電話番号が変更になった旨アナウンスをしてもらうことも可能ですが、新住所に付け加えて、新しい電話番号も報告しておいた方がいいです。